ホットクック

第33話:【お湯・輪ゴム・ラップ・計量不要・洗い物少】ポリ袋とホットクックでできる鶏むね肉サラダチキンの作り方。この方法で、50回以上作り続けています。

桜卵です。

本稿では

ポリ袋+ホットクックを使った蒸し鶏(サラダチキン)の作り方

をご紹介します。

お湯、輪ゴム、ラップは不要です!

なお本レシピでは、内鍋やつゆ受けなどの洗い物は出ません。

また、ポリ袋は溶けません。

桜卵
桜卵
実際の、調理後のホットクックの状態をご覧ください。
内鍋。水残らず。
つゆ受け、内ふたの溝。水滴残らず

桜卵は、最初期のホットクック1.6Lの型番を使用しております。

まだまだ現役です!

以前は調理時間短めレシピ版をご紹介しました!

第18話:【ダイエットにも!】ホットクックで、簡単に重きを置いたむね肉の蒸し鶏の作り方桜卵です。 本稿では、ホットクックで簡単に作れる蒸し鶏を紹介します。 2021年4月追記: 洗い物少なめに特化したレシ...

作り方

材料

  • 胡椒
  • 生の鶏むね肉(解凍済。皮の有無はお好みで)
  • 内鍋
  • ポリ袋(食品が直に入れられるもの。アイラップがおすすめです)

作り方

  • 鶏むね肉をポリ袋に入れる。
  • 片面に塩胡椒して内鍋にセットする。

むね肉の重量の1%の塩を掛けると丁度良いです!

 

  • ポリ袋の口を閉じる
  • ホットクックの蓋を閉じる
  • 発酵、65℃を設定する。
  • 2時間を設定しスタートを押す。
「ピーッ」と鳴ったら完成です!
桜卵
桜卵
この通り、取り出してもこぼれません。

このままかぶりつけます。

スライスする場合、このままあら熱を取り冷蔵庫で冷やすとカットし易くなります。ドリップはそのままでも問題ありません!

スライスすると、より食べやすくなります!

桜卵
桜卵
こちらは、胡椒なしバージョンの写真となります。
しっとりやわらかい仕上がりです

保存について

冷蔵庫で5日持ちます。

保存容器は、iwakiさんのパック&レンジシリーズ(500ml)がおすすめです。

桜卵4年ほど、絶やさずサラダチキンを作ってまいりましたが

この容器を使うことで以下のような恩恵を受けています。

溝がないため水はけが良く乾き易い

においがつかない、くもらずぬめらず丈夫

電子レンジ、オーブン(フタは×)OK

500mlサイズは冷蔵庫の隙間に差し込めてコンパクト

桜卵
桜卵
実際、桜卵は4年間使い続けています。劣化を感じません。なおデメリットとして容器にしては少し値段が高いです。

しかし、元を取りすぎているなあと感じるほど、長く使えて快適に思っています!

桜卵がよくメニューに出すサラダチキンの食べ方3種類

バンバンジー

タレは、作りやすい分量で

すりごま、ごま油、醤油 大1.5
砂糖、酢、味噌 大1
豆板醤とニンニク 小1

の配合がおすすめです!(辛めは豆板醤を多めに)

ベビーリーフにサラダチキンをトッピング
桜卵
桜卵
桜卵は、オリーブオイルをかけてよく食べています。
常備菜

定番中の定番です。

おすすめの塩と鶏むね肉

桜卵
桜卵
桜卵としては、塩と鶏むね肉なら以下がオススメです


ミネラルが多くギネス認定済。腸の浸透圧を整えるマグネシウムが多い

餅玉子
餅玉子
ただ、片栗粉のようにサラサラしているため少し使用感が異なるように感じるかもしれません。
鶏むね肉

スーパーのついで買いの誘惑に負けず、重い思いせず、品質良く、すぐ届き、100g75円ほど(2021年5月現在)で簡単に購入可

ポリ袋は溶けません。詳しく解説します。

餅玉子
餅玉子
ポリ袋は溶けないとありますが、本当に大丈夫ですか・・・?
桜卵
桜卵
はい。本レシピでは65℃で調理するため、
低密度ポリエチレン(スーパーのレジ近くによくあるポリ袋)でも調理可能です!

…が、以下の画像のように
上赤枠「耐熱温度が検証されているもの(ここでは120℃)」
下赤枠「高密度ポリエチレン(HDPE。耐熱温度90~110℃)と明記があるもの」
とあるものが、より良いです。(見にくくてすみません…)

また、溶けても有害ではなく、燃やしても二酸化炭素と水しか出ません。

さすが食品グレードの袋ですね!

参考:https://gohanlabo.blog/plasticbag/plasticbag.php

65℃2時間の調理で、美味しく安全に仕上がる理由2つ

1.たんぱく質は、68℃を超えると硬くなるため。

65℃は低めの温度に感じますが、

むしろ、これ以上高い温度になると固くてパサパサに仕上がります!!

たんぱく質の性質上、60℃ほどで凝固し、68℃で水分が抜けて硬くなる性質があるためです。

2.2時間と長く加熱することで、殺菌できるため。

餅玉子
餅玉子
サルモネラ菌やカンピロバクターなど、食中毒のリスクが心配です…

経験上、桜卵はこの方法で作ったサラダチキンを食べて中ったことがありません。使用している胸肉は1枚250gほどです。中心を加熱することが、安全を作ります!

餅玉子
餅玉子
なるほど。ありがとうございます。

…根拠も伺いたいところです!

桜卵
桜卵
はい!以下の点から、加熱殺菌はできる温度です!
カンピロバクター

カンピロバクターは、65℃、数分程度の加熱でほぼ死滅しますが、調理時に肉の温度や加熱時間を測ることは難しいと思いますので、肉の中心部の色の変化(生の肉の色から白く変わる)を、加熱状態を判断する際の目安としてください。

出典:東京都福祉保健局 食品衛生の窓

サルモネラ菌

63℃で40分加熱すると死滅しているというデータがあります。

こちらの記事を参考にさせて頂きました。

桜卵
桜卵
なかなかエビデンスが見つかりずらかったのですが、

どうやら「長時間の過熱」が本当に要となっているようでした!

餅玉子
餅玉子
だから2時間じっくり加熱する必要があったのですね。

まとめ

一言で申しますと

ポリ袋に入れた鶏むね肉に塩胡椒して内鍋にセットし

「発酵」「65℃」「2時間」に設定します。

もちろんそのまま食べても良いですし、

ここから、よく冷まして好みの厚さにスライスしたり

熱いうちにフォークで割いてフレーク状にしたりすることで料理の食材として使えるようになります!

桜卵
桜卵
桜卵は、よくキロ単位で購入後にまとめて仕込み、冷凍庫に常備しています。

解凍、味付け、調理がスムーズにできるため、気に入っている方法です!

ここまでお読みくださり、ありがとうございました!

 

ABOUT ME
桜卵
桜卵(さくらたまご)です。 働く20代女性向けに、料理・お金 ・健康・ライフハックに関する有益な情報・便利なコトをご紹介していきます。 家に居ることと食べることが大好きです。日用品調達はネットスーパーで。運動は踏み台昇降で。お家時間を少しでも長く過ごそうとする人種です。