美容・健康

第3話:プロテインの飲み方(楽しみ方)3パターン+1パターン

桜卵です。

本稿ではプロテインのおすすめの飲み方をご紹介します。

桜卵はウェリナのプロテインが大好きです。そのため、とりわけウェリナプロテイン向けとなっております。

基本の飲み方

粉末を30cc(付属のスプーン2杯分)加える。

70ccほど加えてスプーンでよく混ぜる。(1回目)

before
after

70ccほど加えてスプーンでよく混ぜる。(2回目)

70ccほど加えてスプーンでよく混ぜる。(3回目)

桜卵
桜卵
非常に簡単ですね

 

おすすめの飲み方

ソフトドリンクのように飲む

作り方

①コップにプロテイン30ccを入れる

200ccを3回に分けその都度粉末をよく溶かす

③氷を3つほど入れて混ぜ、冷やす

水で飲むのがプロテインの袋に書かれている通常の方法ですが、氷をいれて飲んだところ、より普通の乳飲料にありそうな味がして美味しかったです。
この方法は、テキーラ村上さんという方の著書「痩せない豚は幻想を捨てろ」に書いてある本から参考にしました。


ちなみに溶かすのには、シェーカーよりもコップをおすすめします。溶け方が穏やかで泡立ちが更に少なくなるためです。ソフトドリンクに近い飲み口になります。

スムージーのように飲む

作り方

シェーカーにプロテイン30ccを入れる

②水200cc入れる

③フタをして溶けるまでシェイクする

シェーカーを使用すると粉末は効率的に溶けますが、その分、泡をよーく含みます。やってみるとわかりますが、フタを開けるとシュワシュワと勢いのある音が聞こえます。フルーツミックスジュースやスムージーのような質感が好み、また、炭酸飲料と同じような満腹感を得たい方は楽しめるかと思われます。

濃いめに飲む

作り方

①コップにプロテイン30ccを入れる

牛乳200ccを4回に分けその都度粉末をよく溶かす

③氷を3つほど入れて混ぜ、冷やす

牛乳は水よりも粉末になじみにくくダマができやすくなります。

そのため溶かす回数を水よりも多めに分けることをお勧めします。

牛乳の甘さが加わって、まったりとした口当たりになります。桜卵も濃い味で楽しみたいときによく取る方法です。

豆乳やアーモンドミルクを使ってもコクがプラスされると思います。

桜卵
桜卵
これはもう、まるでスター〇ックスみたいなカスタマイズができますね

違うフレーバーのプロテインを組み合わせて飲む

既にご説明しました通り、ウェリナのプロテインにはフレーバーが何種類も販売されております。


この内、黒蜜きなこ・抹茶の組み合わせがとてもオススメです!!

桜卵も試してみましたが、美味しかったです豆乳スイーツにありそうな、よりカジュアルな飲みやすさを感じました。

いよいよジュース感が出てまいりましたね(笑)しかしそれだけ楽しく美味しく頂ける飲み物ということをお伝えしたいため、早速ご紹介させて頂きます。

作り方

①コップに黒蜜きなこ・抹茶のプロテインを15ccずつ入れる

②水200ccを3回に分けその都度粉末をよく溶かす

③氷を3つほど入れて混ぜ、冷やす

香料が入っていないからこそ、穏やかに風味が調和するのだろうなと思います。

その他の飲み方

ホットプロテイン

ドリンクにホットがあるのと同じように、確かにホットプロテインもSNS上でよく見かけます。

桜卵も試したことがあります。しかし…

桜卵
桜卵
失敗しました

あまりおすすめはしません…!

ということで、理由を書かせて頂きます。

高温(80℃)で溶くことで分離してしまうからです。具体的には、液体部分と、具体的には牛乳を温めたときの表面の膜の部分に分かれます。プロテインは繊細ですね。

ホットプロテインの飲み方

とはいえ、ホットプロテインにして飲む方法もメジャーであるため、ご紹介させて頂きます。

作り方

①コップにプロテイン30ccを入れる

80℃以下のお湯200ccを3回に分けその都度粉末をよく溶かす

作り方で太字にしてはおりますが、大事なことなのでもう一度改めて申します。

ホットで楽しみたい方は、80℃以下のお湯等で溶く!

桜卵はあまりこの方法を取らないため、ご紹介として書かせていただきました。

まとめ

以上、おすすめのプロテインの飲み方についてご紹介させて頂きました。

まとめると、以上になります。

飲み方まとめ

・水だけ→少しずつ溶かす

・牛乳を使う→水よりも更に少しずつ溶かす

・違う味を楽しむ→粉末の段階で組み合わせる

・ホットで楽しむ→80℃以下のお湯を使う

 

ここまでお読み下さり誠にありがとうございました!

ABOUT ME
桜卵
桜卵(さくらたまご)です。 働く20代女性向けに、料理・お金 ・健康・ライフハックに関する有益な情報・便利なコトをご紹介していきます。 家に居ることと食べることが大好きです。日用品調達はネットスーパーで。運動は踏み台昇降で。お家時間を少しでも長く過ごそうとする人種です。