ホットクック

第66話:【ホットクック】TJ-KN1FBとTJ-KN1FBAの違い。TJ-KN1FBAは持ち手が5㎜短くなり、5g軽くなりました。

桜卵です。

本稿では

ホットクックのフッ素加工内鍋(1.6L)のモデル

TJ-KN1FBとTJ-KN1FBAの違い

をご紹介します。

結論を先に申しますと

TJ-KN1FBA(2022年製)は

  • 見た目はTJ-KN1FB(2020年製)と同じ
  • 持ち手は5㎜短い
  • 重さは5g軽い

TJ-KN1FB(2020年製)はKN-HW16Gでは辛うじて使用可能

となります!

前置きとしまして、桜卵は最初期のホットクックKN-HT99A(1.6L)を使用しています。

付属品の内鍋はステンレス製でしたが、

2020年にフッ素加工のTJ-KN1FBモデルに買い替え

更に2022年にスペアとしてTJ-KN1FBAモデルを追加購入しました。

親切なことに、最初期のホットクックにも互換性があります!

桜卵
桜卵
TJ-KN1FBは、2020年、内鍋がフッ素加工対応した最初のモデルです。
餅玉子
餅玉子
次世代のモデルは、TJ-KN1FBAと、末尾にアルファベットが付いているのですね。

便宜上、写真では

TJ-KN1FB(2020年製)を、TJ-KN1FBA(2022年製)を

と書き表させていただきます!

見た目はTJ-KN1FB(2020年製)もTJ-KN1FBA(2022年製)も同じ

見た目だけは黒色で変わりません。

また、側面のプリントの文言も変わりません。

TJ-KN1FB(2020年製)
TJ-KN1FBA(2022年製)

持ち手はTJ-KN1FBA(2022年製)の方が5㎜短い

桜卵
桜卵
縦に並べましたが、新しい方が持ち手の幅が狭まっていることはわかりますでしょうか。

具体的には、

TJ-KN1FB(2020年製)は2cmで

TJ-KN1FBA(2022年製)の持ち手は1.5cmです。

新しい方が5ミリ短くなりました。

桜卵
桜卵
持ち手が短いおかげで、食洗機に投入する際に場所を取らず配置しやすくなっています。

(※桜卵は自己責任で食洗機を使用しています)

餅玉子
餅玉子
公式では食洗機非推奨です!とツッコミたいものの、以下の写真に白線を試しに引いてみると確実に収まりが良くなっていますね・・・

SHARPさんに伺ったところ

2.4L版でも、TJ-KN2FB(2020年製)と比べて

TJ-KN2FBA(2022年製)は持ち手が短くなったそうです。

重さは5g軽い

TJ-KN1FBA(2022年製)の重量は5g軽くなりました。

TJ-KN1FB(2020年製):572g

TJ-KN1FBA(2022年製):567g

どちらも片手で持つことができます。

桜卵
桜卵
此方に関しては桜卵は体感はできず、計るまで全く気が付きませんでした。
餅玉子
餅玉子
恐らく持ち手が短くなったためその分が軽くなったのでしょうね。

TJ-KN1FB(2020年製)はKN-HW16Gでは辛うじて使用可能

2022年12月時点で、ホットクックはKN-HW16Gが最新の型番です。

餅玉子
餅玉子
KN-HW16Fの型番と比較して、幅がスリムになりましたね。
桜卵
桜卵
はい!従って…
桜卵
桜卵
持ち手が幅広のTJ-KN1FB(2020年製)は、KN-HW16Gにセットすると取り出しにくくなります!
餅玉子
餅玉子
辛うじて使えはする…ということですね。

TJ-KN2FB(2020年製)も、KN-HW24Gで使用は可能です。

TJ-KN1FBA(2022年製)はKN-HW16F以前の型番とも互換性があるため

安心して買い替えやスペアの用意ができます。

まとめ

まとめ

TJ-KN1FBA(2022年製)は

  • 見た目はTJ-KN1FB(2020年製)と同じ
  • 持ち手は5㎜短くなった
  • 5g軽くなった

TJ-KN1FB(2020年製)はKN-HW16Gでは辛うじて使用可能

となります!

桜卵
桜卵
これからスペアをご購入される方は

将来、本体を買い替えることを考慮すると

TJ-KN1FBA(2022年製)を選ぶことを桜卵は推奨いたします!

1.6L用

2020年版

2022年版

2.4L用

2020年版


2022年版

1.0L用は2020年版も2022年版も同じTJ-KN05FBモデルです!

ABOUT ME
桜卵
桜卵(さくらたまご)です。 時間を節約したい方向けに、料理・お金 ・健康・ライフハックに関する有益な情報・便利なコトをご紹介していきます。 家に居ることと食べることが大好きです。日用品調達はネットスーパーで。運動は踏み台昇降、メタクエストで。お家時間を少しでも長く過ごそうとする性格です。